Top >  結婚式関連読本 >  芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)
岩崎 峰子
芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)
定価: ¥ 819
販売価格: ¥ 819
人気ランキング: 160674位
おすすめ度:
発売日: 2002-09
発売元: 講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)の詳細を見る

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)のような本が合うのではないでしょうか?

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)を私はオススメします。あなたの生活に芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

漫画を読んで面白かったのですが
大和和紀の「紅匂う」を読んで興味を持って購入したのですが、本当にがっかりしました。

この作者の、上から物を見ている書き方、ご自分の恋愛(不倫の)話を実名入りで、というのはあまり品がないのでは。

本当にがっかりしました。

同著者の別の著作の方がお勧め。
 同女史が書かれた「祇園の教訓」(岩崎峰子、幻冬舎、2003)は興味深かったのですが、本書は読む人の問題意識によりけりです。個人的には、全く別の世界に属する人の独白で、参考になる個所が極端に少ない、という感想です。前掲書は祇園の社会的立場を向上させたいという問題意識と熱意が明確で、人を見る目を養うという観点からはとても参考になります。本書は、どちらかと言えば祇園甲部の芸妓・峰子の個人的なゴシップ話の色合いが強く出ています。前掲書と重複する内容が多いこと、本書が前掲書以前の発行であることを考慮すると、次第に読者が絞り込まれて内容が洗練されていったと見るのが妥当でしょう。そのため、ゴシップ話に興味がなければ、前掲書をお勧めします。

 いくつか所感を述べます。

 岩崎女史の育ちはかなり特殊で、そこでの経験をどう租借したらよいかは読者として悩みます。岩崎女史の生まれた家は公家の家系で、父親が着物絵付師をされていたそうです。母親の親類に森鷗外の母親がいるそうなので、こちらも名家です。著者はそこで末娘として生まれ、祇園甲部の老舗置屋・岩崎家の正式な跡取として帝王教育を叩き込まれました。本書ではその幼少時代や修行時代を詳細に振り返っているのですが、読めば読むほど育ちの違いを痛感させられます。無論、現代にも育ちのよい方はいますが、そうした人々を特に読者と想定して本書が書かれている訳でもなさそうです。つまり、個人的な思いで話であって、読むに値するかは疑問です。

 また、勝新太郎との恋愛が本書の中で少なからぬ割合を占めます。私の場合、他人の恋愛話には興味はなく、恋愛論を読む場合も自分の技術を磨くというに限られます。そうした内容は題名から推測できませんでしたが、読後に改めて題名を見返して見れば、内容を反映していなくもないと思います。

 関心がある方は手に取ってみてはいかがでしょうか。


美人は屈折がない
ずんずんとページをめくった愉快な「女の一生」。
客あしらいのプロの語りなのだから、面白くないわけがない。
一番の売れっ子ということで、ものすごく稼いだようだが、それがいくら位なのかは分からない。
しかし、毎週のように衣装を作るというから、出費もかさむのだろう。
まっすぐで、正義感が強く、気性も荒いが、逆に、そこが人気を呼ぶ。
従順なだけの美女、あるいは、ヘンな屈折のある美女、世の中にはいろいろあろうが、この著者は、美女の王道、「トゲのある美女」だ。
美女でもあり野獣でもある。
だからこそ、こうして世間に「主張」するということなのかもしれない。女というよりも人間としての主張。
職業差別、女性差別に対抗していこうとする意識が、ひじょうに強く出されている。
ともかく、読者は、ストレートな良い読み物を手にすることができる。
舞妓さんを呼ぶのに比べれば、安い買物である。
勝新太郎との不倫を振り返るのは、本書の中盤以降。
口の上手い男が、純粋な女を騙す、不倫の典型的なパターンである。
著者は潔癖だが、翻弄されてしまった自分の心に素直に従う。
まあ、そういうものなのだろう。
そういえば、中村玉緒も純粋であった。

芸妓峰子の花いくさ―ほんまの恋はいっぺんどす (講談社プラスアルファ文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 愛育ママの秘密  |  トップページ  |  次の記事 愛 (角川文庫 い 5-8)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1667

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。