Top >  結婚式関連読本 >  結婚できない男

結婚できない男

結婚できない男
尾崎 将也
結婚できない男
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 200373位
おすすめ度:
発売日: 2006-09
発売元: 扶桑社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
結婚できない男の詳細を見る

結婚できない男は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも結婚できない男を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

結婚できない男の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?結婚できない男はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。結婚できない男は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。結婚できない男はそういう本です。

結婚できない男は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。結婚できない男の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、結婚できない男はかなりお得な本になると思いますよ。

私はダメでした・・。
ドラマの後半から嵌ってしまい、DVDも買って全編見直したい気持ちで思い余って、“12月の発売を待つ間、この本で「復習」していよう、信介目線で描かれているようだから、新鮮な発見もありそう‥!”と思って買ったのですが、私はダメでした‥。
最大の理由は、ノベライズした方の「信介」観と、ドラマで俳優さんが演じた信介を見ていた私の「信介」観が違う、というか、結んでいる人物像にズレを感じたから、です‥。(ですからあくまでも個人的主観なので、星は3つとしました。)
実際内容的にも、ドラマとは異なる部分もあるのですが、それは、色々な制約もあったかと思うので、許容範囲だと思います。ただ上に書いた理由で、どうしても私には違和感が残りました。
あまり前向きなコメントでなく、気が引けるのですが、これから読もうか‥と思っている人に、また読んだ後、同じような違和感を感じている人に、1つの意見として参考になれば、と思って投稿させていただきました。

ドラマ見た人は△
詳しく評価すると・・・
ドラマを見た人   ★★★☆☆
ドラマを見てない人 ★★★★☆

僕は大体4時間くらいで読み終わりました。

3百何ページある割には結構よみやすかったです。ただ僕はドラマを見ていたので、

かなり展開が読めていたのであまり面白くなかった。それもそのはず、

この本はドラマを元にして書かれたのだ!!

読んだあとはいつも読書した跡に残る一種の「だるさ」みたいなのが無くて

軽すぎる・・・って感じでした。

たぶんドラマ見てない人は楽しめて読めると思いますし、この本は「桑野目線」で

書かれているので違った視点から楽しみたいという人には向いてます。

しかし僕みたいに「ドラマ見て面白かったからノベライズ版も?」っていうノリで

買う人は後悔するかも。

でもドラマが終わってしばらくたった今、読み返してみると、

「あ?これあったねー」って感じで笑いのフラッシュバックが起こるので

まあ買ってもアリかなとは思う・・・


ドラマは最高、でもこの本は微妙・・・・
ドラマを見てないでこの本を読めば軽く☆3ぐらいの
面白さはあるがドラマ観たあとにこの本を読むと
物足りないし残念な点が多いかと思われます。

終始、建築家桑野の視点で話は進んでいるので
その他の人物だけ(女医早坂とかみちるとか)のシーンは当然無い。
最終話に向けて重要な沢崎のヘッドハントのエピソード等も
割愛されている。

さらに夏川結衣の熱演で素で泣きかけた
最終話の"言葉のキャッチボールの返事"のシーンが
この本ではその返事を返しに行く直前までしか書かれておらず、
さらに本自体がここで終わってしまっている。

ノベライズ版なので多少の割愛は仕方ないのかもしれないが
いささか行き過ぎかと思われます。






結婚できない男の詳細を見る

 <  前の記事 ウエディングプランナーのための実践マニュアル  |  トップページ  |  次の記事 月刊 クーヨン 2007年 12月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1664

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。