Top >  結婚式関連読本 >  はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris
はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 272位
おすすめ度:
発売日: 2006-01
発売元: 永岡書店
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!の詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!の中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

早く買えばよかった!
1日1日の赤ちゃんの変化、そして母体の変化などが細かく記してあって、
もっと早く買えばよかったY(>_<、)Y、と思っているところです。
月に一度のエコーの検診の合間にも、本をみながら「いま、こんなかんじかなー」と
想像するのも楽しいし、自分の体の変化も納得して受け入れられます。

更によかったのが、私より旦那が興味をもって熟読し、私がきつい、気分が悪いと
訴えていたのがやっとわかった?ようで、そうかー、と納得していました。

他の雑誌、本と比べても突出してよい本だと思います。



ほんとうによいです!
こちらでの評判がよかったので手にとってみました。
ほんとうによかったです。
本当に1日、1日書いてあるとは思いもしませんでしたが、
図解など皆無でひたすらあたたかい文章で、
子どもとお母さんの日々の変化がつづられています。

合間合間にコラムで
「どこそこの国では助産師と祈祷師が来る」とか
そういう豆知識も面白く、
何をとって、とか何を控えて、というのも
まるで実家の母に言われているよう・・・。

すごく読んでいて温かい気持ちになりました。

実際に妊娠すると女性の体にはこういう変化が起こって
胎児はこうなっているんだ、というのが
きちんとしっかり分かる本です。

妊娠されている方はもちろんですが、
教育の上でもいいと思いました。


おすすめ!
一日ごとの赤ちゃんの成長と自分の身体の変化、さらに世界各国の妊娠出産に関するコラムなどが乗っていて、読むだけでも楽しめる一冊。
妊娠した本人以外(例えば夫とか、親とか)でも、お腹の中の赤ちゃんのことに興味を持って読んでくれるので「妊娠/出産」をさらに身近に感じてもらえていいです。
日ごとの成長にそって、赤ちゃんの出産予定日から逆算して日付を書き込んで日記のようにも使えるので、まさに自分とベビちゃんとの対面までを世界に一つだけのモノになるのも魅力です。
産まれたらベビちゃんにあげても良いと思います。ウチは二人なので二人で読んでもらおうかな。

本自体は受精のタイミングからスタートしているので、妊娠を自覚する前までの赤ちゃんのことも分かります。
あの頃、こういう状態で私の中にいたんだねぇ、といとおしさを感じたりもしました。

妊娠3ヶ月頃に友達からもらいました。
別の友達が妊娠したと連絡をくれた時に、リレーでつなぐようにこの本を贈りました。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!の詳細を見る

 <  前の記事 セキララ結婚生活  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1649

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。