Top >  結婚式関連読本 >  なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論

なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論

なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論
菊地 正憲
なぜ結婚できないのか  非婚・晩婚時代の家族論
定価: ¥ 1,680
販売価格:
人気ランキング: 204692位
おすすめ度:
発売日: 2005-04-21
発売元: すばる舎
発送可能時期:
なぜ結婚できないのか  非婚・晩婚時代の家族論の詳細を見る

なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論正直、期待せずに注文したので、読み進めて驚きました。

様々な本を図書館で借りて読みましたが、この本が一番、内容が濃かったです。
いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。

なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
何人かの友達にもこの本を紹介しましたが、みんなから好評で、感謝された次第です。

この本は、今まで読んだ中で、一番分かりやすかったです。読み始めると、思わず引き込まれて、ついつい、とばさずについ読んでしまう本です。

なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論は、大変わかりやすく書かれていますので、入門書として最適です。
この本に書いてある内容を素直に受け取り、実行しています。今のところ効果はてきめんです。
なぜ結婚できないのか 非婚・晩婚時代の家族論をぜひ読んでみることをお薦めします。

結婚する、しないは本人の自由
結婚したければ、すればよいし、したくなければ、しなければよい。
ただ、それだけのことである。生き方の多様性が容認されつつある今の社会は、成熟した大人の社会になりつつあるということであって、歓迎すべきことではないのか。
経済環境がさらに厳しくなっている今、結婚することは大変である。
そもそも、結婚すれば老後が寂しくないという保障がどこにあるのか?
一人のほうが気楽であるのかもしれない。

タイトルよりも中身は濃い
子供の代理のお見合いが盛況であることを初めて知りました。
結婚になかなか踏ん切りがつかない人、
両親がどうして結婚をしろと急かすか理解できない人、
現代の若者が、どうして結婚しないのか理解できない人、にお勧めします。
単純に「結婚できない理由」だけを、書き綴っている本ではありません。
結婚を端から毛嫌いせず、少し真剣に考えてみようかと考えさせられました。

既婚/未婚に関わらず,結婚や家族の意味を知る上で読んでおきたい一冊
 「若者の4人に1人は孤独な老後を迎える」というキャッチコピーに引き込まれて購読。「家族論」などという堅苦しいサブタイトルが付いてはいるが,結婚情報サービス業のスタッフや,30代の未婚者へのインタビューをもとに平易な文章でまとめられているので実に読みやすい。それに官庁が発行する○○白書のように,アンケート結果を数値に置き換えて,妙に学術的な表現で解析してみせるのではなく,インタビューの回答者の意見をそのまま切り取って「本音」として再現しているところが,かえってインパクトが大きくていい。
 自分自身,どちらかというと「晩婚」だったので,回答者の言動には共感できる部分が多かったし,「パラサイト・シングル」だの,「負け犬」だのと表現されている層の多くが,非婚を肯定しているのではなく,現代社会の歪みとしがらみの中で苦悩しているのではないか,という鋭い指摘が印象に残った。
 既婚か未婚かはともかく,「結婚」とか「家族」の持つ意味を知る上で30歳を過ぎたら読んでおくべき一冊だと思う。

なぜ結婚できないのか  非婚・晩婚時代の家族論の詳細を見る

 <  前の記事 あなたがあなたになれる本  |  トップページ  |  次の記事 わたしがあなたを選びました  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1605

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。