Top >  結婚式関連読本 >  女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピ

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピ

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピ
齋藤 薫
女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピ
定価: ¥ 1,575
販売価格:
人気ランキング: 205254位
おすすめ度:
発売日: 2001-11-01
発売元: 主婦の友社
発送可能時期:
女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピの詳細を見る

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピは今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピの本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピを読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピは自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピは情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピの本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピでちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピはオススメです!

なるほど納得
~タイトルのごとく、なるほど=と思えることが書いてあり、最近ちょっと嫌なことがあったりしたのですが、この本で楽になりました。
とくに「どうだろう?」って言葉でしめてある章があって、そうねぇ…などと思わずなっとくしたり、また、「~だ」と断言したようにしめてある章では、フム、となっとくもできた。カバーにある著者の写真はとても美しく、こん~~な美しい人から潔い言葉が綴られること自体すがすがしいと思います。

男性が読んでもためになります
仕事で必要になり、著者の大ファンという20代の素敵なセンスの女性から借りた本です。
思ったより厚みがあり、こわごわ手にとりましたが時間を忘れて読むことができました。この一冊で、彼女が斎藤さんのファンという意味がわかった気がします。まさに痛みや挫折がわかる方だからこその、”女性を楽にする本”だと思います。
男性が読んでも、なるほどと思ったり、こうしなければ、こう意識したほうが、という部分もありました。
自分を磨いていく輝く女性に、少なくとも「バカ」に思われないようしたいと思いました。
著者のお人柄なのか、本質をつく鋭い内容なのに、まったく浅ましさや生生しさがなく、上品で清流のような文章。嫉妬で1つへらして星4つです。                              

なんとなくのモヤモヤ感に効きます。
人に相談しようもない苦しみ。つまり大きいのではなくあまりに小さくて、小さいというより情けなくて、恥ずかしくて人には言えない。。。
すぐそばに家族も友人も彼氏もいるのに、なんとなく感じる“孤独感”。
生活の苦しみに直面していないからこその悩み。
20代ならではの悩み、もやもや感。。。
何に悩んでるか、自分でもよくわからないけど、なんとなくすっきりしない時、心にすぅーっと入ってくる、まさに「女の人を楽にする」本デス。

女のひとを楽にする本―はたちからの生き方とレシピの詳細を見る

 <  前の記事 恥ずかしいシロウト体験談〈1〉誰にも言えない私の秘密 (竹書房ラブロマン文庫)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1585

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。