Top >  結婚式関連読本 >  シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ
田丸 公美子
シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ
定価: ¥ 1,550
販売価格: ¥ 1,550
人気ランキング: 106675位
おすすめ度:
発売日: 2005-08-03
発売元: 文藝春秋
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメの詳細を見る

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ正直、期待せずに注文したので、読み進めて驚きました。

様々な本を図書館で借りて読みましたが、この本が一番、内容が濃かったです。
いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメは教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
何人かの友達にもこの本を紹介しましたが、みんなから好評で、感謝された次第です。

この本は、今まで読んだ中で、一番分かりやすかったです。読み始めると、思わず引き込まれて、ついつい、とばさずについ読んでしまう本です。

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメは、大変わかりやすく書かれていますので、入門書として最適です。
この本に書いてある内容を素直に受け取り、実行しています。今のところ効果はてきめんです。
シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメをぜひ読んでみることをお薦めします。

シモネッタ
この本を読んでいるとイタリア人っていいなと思います。やはり気候のせいなのでしょうか?嫌みのないシモネッタ?何か明るくて日本人にはまねできません。文化の違いもあり、理解できない部分もありますが、楽天的に生きるのはいいことだと思います。こんな恋愛がしてみたい。

イタリア文化論
私の敬愛する米原万理さんの親友にして、「イタリア語通訳の大関関脇なしの横綱」まさに朝昇龍の如きシモネッタさん。米原さんの本から田丸さんの風貌を想像すると、派手で原色のドレスを着た杉本彩さんのお姿しか思いうかびません。
そんなシモネッタさんの書かれた楽しいイタリア恋愛話。
非常に興味深く、そして楽しく、あっという間に読み終えてしまいました。
女をくどく事を男の性、恋愛こそ人生だと思っているイタリア人。たしかにサッカーチームを見てもイタリアはおしゃれで格好いい。
そんな彼らの恋愛話や口説き方、とても勉強になりました。(?)
田丸さんがシモネッタになったのは、ご本人が防衛手段だと書いてありましたが、こういった明るいしもねたを話ながらも実は田丸さんとても真面目な方だと拝察いたします。

ハンサムでおしゃれなイタリア男に口説かれたらうぶな日本人女性なんてイチコロかもしれない。だからこういう男にくどかれ思いっきり肘鉄をくらわす快感を頭の中で勝手に妄想しています。
あまりくどき上手な男は敬遠してしまいますが、この本の中のワインを片手に五感のうんちくで口説いている男だけはフラッといきそうです。

気軽にとても楽しめる一冊です。

結局、自己正当化の連続
 事務所の文庫にあったから読んでみたけど、結局「イタリア語とイタリア文化はエライ!」「イタリア半島の男女はイカしている。生き方がお洒落だ」という、著者の生業も含めて正当化しているだけの内容ではないかと感じました。
 そりゃあ、自分にご飯を食べさせてくれている言葉の母国を貶しはしませんよね。ワタシは、スペインとイタリアにそれぞれ10年ほど住んで、今は南米に居ますけど、この人ほど彼らの男女関係のあり方に感銘は受けないですね。確かに、ラテン系というのは「欲」を素直に表に出しますから、日本人の表現とは異なりますし、その分あっさりと分かれて次の相手を見つけて恋の世渡りはうまいというか、引きずることが無いように思えます。
わざわざ購入しなくても図書館で読めば十分な内容ですし、これにインパクトを受けるような方は海外居住経験がほとんど無いのだと推察します。

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメの詳細を見る

 <  前の記事 再婚の達人―今度は必ずうまくいく!  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1564

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。