Top >  結婚式関連読本 >  ベアトリス夫人の美しい生きかた

ベアトリス夫人の美しい生きかた

ベアトリス夫人の美しい生きかた
伊藤 緋紗子
ベアトリス夫人の美しい生きかた
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 261705位
おすすめ度:
発売日: 2005-02-25
発売元: 光文社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ベアトリス夫人の美しい生きかたの詳細を見る

ベアトリス夫人の美しい生きかたは、大変わかりやすくまとめられています。文章は結構見やすくて、スラスラ読めました。

この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。
ベアトリス夫人の美しい生きかたは、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。

この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。
この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
ベアトリス夫人の美しい生きかたは、本の値段以上の価値があると思います。

ベアトリス夫人の美しい生きかたは、 しかし、読みすすめていくうちに、思わずハッとさせられます。

この本を読んでいて、これは正しいと思っていたいくつものことが、間違いであったことを認識させられました。
ベアトリス夫人の美しい生きかたの記述内容を生活の中に取り入れると変化を感じると思います。
人生を変えたくなったら、是非、ベアトリス夫人の美しい生きかたを手にとってください。 初心者に分かりやすい本です。一読をオススメします。

ベアトリス夫人の美しい生き方
まず写真が綺麗、と手にとって読んだものの内容はつまらない。ご存知ショーメの夫人のお話。美しい生き方と言う題名をつけた人は誰なのだろうか?センス無いですね。内容は、自分の哲学とは程遠いもので、フランス上流社会とショーメのご紹介。あの有名な伊藤緋紗子サンの訳。コンセプトが解りません。

しみじみする本。
著者のキャラクターから、女性好みのファッション雑誌のレポート、「ヨーロッパの貴族拝見」みたいな物かと思ったら、もっとしっとりして、写真も、日常的なあっさりしたスナップのような物が多く嫌味がないし、文を読んだり写真を見たりするだけで、この夫人の穏やかではなかった人生がなんとなく感じられるような本です。が、今でもあるヨーロッパの貴族社会や階級制度がわかる人でないと、良さがわからないと思います。この夫人は貴族の称号を持っている人ですが、朝9時すぎから夜8時ごろまで毎日働いている人なので、日本人の想像する優雅な貴族ではありません。文化、思想両面でフランスの奥の深さと歴史の深さを感じます。

どこが美しい生き方?
名店ショーメに35年勤めたのはすごいと思うが、貴族である夫を捨てて22歳年上の人と、再婚したのに、仕事上は未だに、前の夫の名前を使っているなど、どこが美しいエレガンスな行き方なのだろうか?
ホテルにリムジンで出入りして、厳しい批評をしているマダム某も、何をしている人かまったくわからない。
また持って回った書き方も鼻につく。
ただ作者が、「私は、パリのこんな上流社会の人を知っているのよ。」という自慢にしか聞こえない。
読むのは時間の無駄だわ。
美しい生き方というのを知りたいならば、白洲正子を読めば、100倍役に立つ!

ベアトリス夫人の美しい生きかたの詳細を見る

 <  前の記事 恋をつかむ女 恋を落とす女  |  トップページ  |  次の記事 幸運をぐっとひきよせるハートのハッピーセッション  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1514

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。