Top >  結婚式関連読本 >  恋をつかむ女 恋を落とす女

恋をつかむ女 恋を落とす女

恋をつかむ女 恋を落とす女
北端 康良
恋をつかむ女 恋を落とす女
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 97407位
おすすめ度:
発売日: 2005-11
発売元: 新講社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
恋をつかむ女 恋を落とす女の詳細を見る

恋をつかむ女 恋を落とす女はお薦めの一冊です。
この世界を極めたいと思うなら是非、一読をお薦めします。

読むほどにこの世界に対する新しい理解が得られること請け合いです。まぁ、私がお薦めする理由もそこにあるのですけど・・・

難しく考えることなく気軽に読めて、それでいて読後のあなたの役に立つこと請け合いです。

レビューを拝見しても総じて評価の高い一冊のようです。あなたの理解を深めるためにも是非とも一読をお薦めするものです。

少し難しいですね。
親子の関係がどのように本人の恋愛に影響をあたえるか?
そのようなことがこの作品全体のテーマです。
特にキャリアウーマンの恋の癖について書かれています。
個人的には私はキャリアウーマンでもないし、親子関係も
良好ではなかったので、トラウマがあると本を読んでいて
苦しくなってきます。
両親と良好な関係にあり、なおかつどのような恋愛傾向に
あるか?と言うことを知りたい方にはお勧めです。
私は5.6ページで読むのをやめました。
この先も読むことはないでしょう。

恋愛心理学の入門書
「えっ!?恋にも決まったパターンがあるの?」

そんな疑問を持っている方にお薦めの本です。

恋愛という男女のパートナーシップ間に、ある一定の法則が隠されているのです。

誰もが通る道筋が決まっているのです。

その道筋のどこかで、つまづき転ぶことがあるのです。

そのつまづく石みたいなものが、今までの経験の中で生まれているのです。

これに気づいていないと、“いつも同じ失敗”を繰り返してしまいます。

ビジョン心理学の「依存」→「自立」→「相互依存」の三角形モデルを中心にわかりやすい例え話を交えてわかりやすく本書は書かれています。

まさに恋愛心理学の入門書に最適といえるでしょう。

ぜひ、次回作には「恋をつかむ男 恋を落とす男」を出版していただきたいものです。

双方向から恋愛という心理学を学びたいです。


いいたことがぼやけている
女性相手に書いただけに文体はやさしく、感覚的、
でも、それ以上の何も感じない。ハウツーものとして読み流すには、多少参考にはなるが、カウンセリング5000件を元にしたとはとうて思えない、若い年零層には受け入れやすいだろが、読み終えて、ゴミ箱にポイされてしまう人も多いのではないか、
私はそうしました。

恋をつかむ女 恋を落とす女の詳細を見る

 <  前の記事 ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1513

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。