Top >  結婚式関連読本 >  子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス

子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス

子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
薗部 容子
子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 12401位
おすすめ度:
発売日: 2005-07-25
発売元: 新風舎
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランスの詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランスの中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランス」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

ココロがスーッとラクに
産後、うつ状態になっていた私は当初「うつ」の本や育児の「難しい」本ばかり
読んでいました(母性愛神話がどう、とか。それはそれでためになりましたが;;)
そんな時、偶然本屋さんで手にしたのがこの本でした。

何というか、凝り固まっていた自分のココロがスーッとラクになったのを覚えています。
著者の、日本での最初のお産に、「うんうん、解る解る」とうなずき、イギリスでの
2人目の出産に「ええ!??うそーー」と目からウロコ、そしてフランスでの3人目の
出産にはもう、お国が違えばこうも違うのか!と抱腹絶倒。

何ていうのかな、日本って、「良いお産」「良い母」を期待されすぎるし、自分も
それに過剰に適応しようとしてしまうというか・・・神経質なんですよね。
それはそれで乳児死亡率の最も低い国!として評価されるべきことではありますが。
でも、この本を読んで、「ママがハッピーなら、そのママに育てられてる子どもも
ハッピー」という言葉に、何か肩の力が抜けたような気がしました。
そして、「イギリスでは、妊婦・母親に敬意が払われていた」という著者の言葉を
今私もかみしめています。
乳幼児を連れて街を歩くときの、バス、電車での人々の迷惑そうな目、知らんぷりな
様子・・・お洒落でも、全然バリアフリーでない街のつくり。
もっともっと、お母さんと子ども、お年寄りに優しい国になって欲しいと思います。

すばらしいです
2児の男子を持つ母です。みなさんと同じく、もっと早くこの本に出会いたかった!と思いました。
とても面白くて思わず声を出して笑ったり、怒りがこみ上げてきたり、途中涙がでたり(何度もホロリとさせられました)、「うんうん!」とうなずいたり・・・読み終わるのが惜しいくらでした。プロ顔負けのかわいらしいイラストも温かみがあって好きです。
子供を幼稚園や学校にやっと送り出して、一息ついてカフェでお茶するのに後ろめたさを感じてしまう、そしてその言い訳が「だってママ友に誘われたんだもの・・」なんて悲しい。もっと堂々と自分の時間を持って、人生を、今のこの歳の自分は今しかないからそのときをめいいっぱい楽しむ!っていうような生き方をこの国でも送れたらと思いました。
そんな社会にこれからなるのだろうか。
そして、この本が必要なくなるくらいの日本に、出遭える日がくるのだろうか、と考えさせられました。

老若男女問わずいろいろな人に読んで欲しい本です。
読み出したらとまらない、そして読み終わったらなんだか力が沸いてくる!そんな一冊です。
この一冊で救われる方はたくさんいらっしゃると思います(私も含めて)
なんだか月並みなことしかいえない文才のない自分がかなしいですが、とても素敵な本に出遭えた事を感謝します!!!

保育師専門校に通う娘にも読ませました
私の子どもはもう大きいのでほぼ育児終了ですが、もっともっと前にこの本が出ていたらと、読んでいて思いました。育児をする上で、元気を与えてくれる内容です。とてもよかったです。

子供の生きる国―産んで育てて、ニッポン・イギリス・フランスの詳細を見る

 <  前の記事 人生は一度だけ。 (新潮文庫)  |  トップページ  |  次の記事 飛び出す妄想―駕籠真太郎因数分解  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1505

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。