Top >  結婚式関連読本 >  小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメ

小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメ

小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメ
彩田 万由
小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメ
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 193487位
おすすめ度:
発売日: 2004-12
発売元: ベストセラーズ
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメの詳細を見る

先日小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメという本に出会いました。小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメはちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメを読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメを読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメは、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメは読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメはとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメは良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

ただの体験談、叶姉妹を連想させる
筆者の基準はあくまでもお金で動いている。
なんだか読んだ後、読まなきゃよかった…と思ってしまう一冊です。
文中に出てくる金額が大きいので一瞬うらやましくはなりますが、
この筆者はとにかく何でも金カネ、金と言った印象を受ける。

セレブに憧れて、お金のためなら嘘もつくし、自分を殺してまでも
我慢するあたりが、お金への強い執着を感じる。
きっと大きなお金が無くては安心できない心の貧しい人間ではなかろうか
セレブとは呼べないかと。筆者は果たして親にこの本を読ませる事ができるだろうか
と言った生々しくてエグい内容が多い。

とにかく愛人になって囲われて、いい暮らしを夢見る人向けなので、
普通の感覚では読めません。
実際この筆者は愛人になるために嘘までついていると、この本で
描いてますので……到底お手本にはなりえないです。


気持良い
私、この人好きだわ?と心底思った。夢を掴む為に突き進む姿に感動した。恋愛テクニックというより自己啓発に近いが自己マインドコントロールやイメージ方法など地道な努力の大切さが伺える。この方の男性に対する計算の奥にある前向きさやパワーに男性達は惹かれていったのではないかと思う。セレブな男性はそこまで馬鹿じゃないはずだし。私はこの本で元気を貰った。

パクりと思いきや
銀ホス・小悪魔と言えばあの人!?と正直パクりかと思いました。
でも内容は全然違う。
さすがホステスさんと思える丁寧な文章で、一見清潔感があるのにやや生々しい愛人生活。

本気で好きになれば会いたくなって辛くなる。
だからといって割り切りすぎると「どーでもいい」と言う態度が相手に伝わってしまう。
こういった愛人としての葛藤が描かれていて、不倫はしたことない私でも共感しました。

小悪魔ブームゆえに略奪愛などのキーワードが軽々しくメディアに出されていますが、やっぱり愛人も楽ではないのだなぁ。
愛人に対しての尽くし方も腹の割り方も極妻並みで、彩田万由さんは腹黒さはあっても根は生真面目で一途な方なんだと思います。


パクりだから読まないというのだけは勘弁してやってください。

小悪魔の成功法則―銀座ホステス囲われ生活のススメの詳細を見る

 <  前の記事 わかりあえる理由(わけ) わかりあえない理由(わけ)―男と女が傷つけあわないための口のきき方8章 (講談社プラスアルファ文庫)  |  トップページ  |  次の記事 Baby-mo (ベビモ) 2008年 01月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1491

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。