Top >  結婚式関連読本 >  「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!

「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!

「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!
溝口 あゆか
「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 14446位
おすすめ度:
発売日: 2005-09
発売元: 大和出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!の詳細を見る

好きなものは好きでいいじゃないか!といきなり結論出してしまうのですが‥
「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!って読みました?結構すごいでしょ。いや凄いって言い方がいいのか悪いのか、わかりませんが、「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!の評価って私の場合どうも、こうなんていうか言葉にならんのです。

なので、冒頭のような結論を先に吐いちゃうのです。

「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!って好き嫌いで論じていいのかどうかわかりませんが、まあ個人的意見ですから許してやってくだされ。

でも、私は面白いと思うけどなあ。

ごく私的な意見かもしれないけれど、ちょっとしたところに「お!」と思うような発見があったり、

「へえ」と思うような一文があったり、著者の溝口 あゆかの力量が、そこここに現れています。

「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!はそんな部分もあったかと思うと、全体的に一本の筋もしっかり通っています。

そういう意味では、「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!はとてもバランスの取れた本なのじゃないかと思います。

だから、いい意味で失敗が無い本だと思ったりもします。こいつはオススメですよ。

いい本ですわ
男性の立場からすると、買うのをためらわれるようなタイトルの本ですが、ものすごくいい内容です。

最初の方で、筆者自身の経験を例に挙げ、「お金持ちをクライアントにしたい」と思いつつ、「でも私とは違う人種だから、私みたいな平民に興味はないだろう」と無意識のうちに本音でそう思って、お金持ちのクライアントを遠ざけていたそうです。

「でも」以下の本音の部分がオーラとして醸し出されるとのことです。
なかなか本音には気づかないし、願っても実現しないのはその本音の部分に気づいてないからだということをこの本は教えてくれました。

その本音に気づきオーラを変える方法を教えてくれます。
今の状況を変えたい人は必読です。



傷ついてわからなくなった人を優しく出口に導いてくれる本
自分や自分の考えを変える本には読みづらいものが多い。訳者がよくないからとか一般には難しすぎると批判されたりする本も何冊もあるけれど、本当に読みづらい理由は傷ついた人間には過酷過ぎる内容やレッスンが書かれているからだと思う。彼女の本は、レッスンの焦点とスタートを徹底的に自己治癒に絞っているので、傷ついた人にもとても優しいプロセス。自己治癒で過去のケアをし続けて生きてゆけば、ピュアな愛だけを与え受け取ることが出来る、つまり自分への愛が他人への愛になるということをわからせてくれる本です。もう一冊の著書も買うことをおススメします。

テーマは自分探し
この本のテーマは実は恋愛ではなく、「自分探し」です。
表面でわかっている自分ではなくて、もっともっと自分の内面へ
深く潜りこんでいくことがいかに、自分の人生や恋愛に影響があるのかが、
わかりやすく書いてあって超おすすめです。
自分を見つめることで、繰り返す恋愛パターンや、
なぜ今の彼とうまくいかないのかも、読んでいるうちにわかってきます。
自分が無意識にどんなオーラを出しているのか。
それが相手にどう影響を与えているのか。
ああ、そうだったのか!と見えないモヤモヤが見えてきて
スッキリしました。
タイトルから受けるイメージと、実際本の中に書いてある内容に
かなりのギャップがあるのが残念です。

「愛されるオーラ」になるスピリチュアルな方法―運命の人と幸せになる!の詳細を見る

 <  前の記事 たった3分で愛される人になる―ワンランク上の恋に出会う50のヒント  |  トップページ  |  次の記事 モテる男になる魔法のチカラ―女心と成功をつかむ遺伝子の法則  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1478

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。