Top >  結婚式関連読本 >  妹たちへ―夢をかなえるために、今できること

妹たちへ―夢をかなえるために、今できること

妹たちへ―夢をかなえるために、今できること
日経WOMAN
妹たちへ―夢をかなえるために、今できること
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 2280位
おすすめ度:
発売日: 2005-08
発売元: 日本経済新聞社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
妹たちへ―夢をかなえるために、今できることの詳細を見る

妹たちへ―夢をかなえるために、今できることを読んでみた。う~むと納得しきりである。

なんといっても、著者日経WOMANの意欲が読み取れるから、ついつい読んでいってしまう。

ぐいぐい妹たちへ―夢をかなえるために、今できることに引っ張られているという感じか?妹たちへ―夢をかなえるために、今できることに類する本は、あんまり多く読んだことがないから比較はできないけれど、これらに類する本の中ではかなり高評価を得るんじゃなだろうか?

やっぱり著者が意欲を持って書くと、いいものが出来上がる。

妹たちへ―夢をかなえるために、今できることは評価が分かれるんじゃないだろうか?読後にそんなことを思った。著者の日経WOMANはそんなことはちっとも気にしていないんじゃないかと思うけれど。

妹たちへ―夢をかなえるために、今できることを読んだ友人にも聞いた見たのだが、一人は「いい」と言ったが、別なひとりは「そうかな?」と首をかしげた。

試しにまた別な友人にも妹たちへ―夢をかなえるために、今できることを貸してみようと思う。

さて、どんな評価が下されるか?あまり、褒められた事ではないけれど、本には読書以外の愉しみ方があるのだ。

☆情熱大陸を27回見た充実感☆
一流と言われている先輩女性達の、成功の道のりが赤裸々に語られています。
仕事・恋愛(結婚)・自己実現など様々な角度からの熱いメッセージが込められています。
情熱大陸やソロモン流、トップランナーや夢の扉などの番組を27本見た様な充実感で、お勧め!!

読み進む中、トップの人達も悩みながら歩んできたことを知り、励まされた。
私が悩んでも当たり前だと吹っ切れ、力が抜けたのは確か。
しかし次に、“だったらどうすればいいの?”“耐えながらも歩むしかないのか?”
“そのうち道は開けるのか?”と行き場のない怒りも覚えた・・・。
悶々としながら読み続けると、ふっと心に残る言葉が本の中にあった。
『意識を変えるしかない』という石川三千花さんの言葉でした。

27人のプロ達の言葉や道のりは、共感できる所もできない所もあると思う。
しかしこの本の中には、読む人が自分のこととしてヒットする言葉が必ずあると思う。
これだけ一流の人の本を読んで、何も感じない人の方がおかしいと私は思うのです。

この本は、人を否定したり批判したり、自分と比較して読まないでほしい。
先輩達の歩みとして、共有・共感の姿勢で読めば、色々なものを得られると思いました。
ぜひとも20代・30代の女性に読んでいただきたい本だと思います♪




女性の人生参考書
おもに20代後半から30代前半の読者に参考となるようフォーカスされた話が載っています。私は、特に小池真理子さんの「何をしたかでなくどう感じたかが重要」ということや、「どうか世間で言われる年齢神話に振り回されないよう」というアドバイスが、40代以上の女性の筆者たちから飾らない口調で書かれているところに真理を見た気がしました。母親など身近にいる先輩女性から本音のアドバイスを受けられないので、とても重宝していろいろな方の話を何度も読みました。どの筆者の話がいちばん好きかなと考えながら読むことも、自分自身を知ることに役立つと思います。

男性にも読んで欲しい
こちらは、日経ウーマンに掲載されている連載をまとめた本になります。

27人の一線で活躍する女性のインタビューになります。

それぞれ、現在はひとかどの地位を築いている方ばかりなのですが、
若い頃の苦悩(仕事、家庭など)がありありと語られてきます。

しかし、暗い本ではなく、前向きにさせてくれます。
男性が読んでも、その仕事への向き合い方などは非常に参考になりますし
パートナーが仕事を持っている方なら、その悩みの一端を
感じる事ができると思います。

自分の成長のためにも、仕事をしているパートナーへの理解を
深めるためにも一読をお勧めします。

妹たちへ―夢をかなえるために、今できることの詳細を見る

 <  前の記事 精神科医ゆうきゆうの愛とストレスクリニック  |  トップページ  |  次の記事 かなりHな大疑問  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1474

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。