Top >  結婚式関連読本 >  国際離婚 (集英社新書)

国際離婚 (集英社新書)

国際離婚 (集英社新書)
松尾 寿子
国際離婚 (集英社新書)
定価: ¥ 714
販売価格: ¥ 714
人気ランキング: 116604位
おすすめ度:
発売日: 2005-06
発売元: 集英社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
国際離婚 (集英社新書)の詳細を見る

国際離婚 (集英社新書)は同じような種類の本と是非見比べてみてください。いろいろ見比べても最後にはきっとこの国際離婚 (集英社新書)を手に取っていることでしょう。

本に求めている内容は人によって違いますが、国際離婚 (集英社新書)にはほとんどの人が求めていることがわかりやすく書かれています。読みやすく見やすいことも国際離婚 (集英社新書)の特徴ですね。

もし同じことに興味を持っている人がいたなら、あなたもこの国際離婚 (集英社新書)を紹介したくなると思いますね。

国際離婚 (集英社新書)は一読の値打ちがありますよ。

何かぐいぐい引き込まれるというか、国際離婚 (集英社新書)という作品に地力があるのか、
私は自分で思ってたより、引き込まれてしまいましたね。

まあこの作品には色々な意見がるようなんですが、
私の周囲では国際離婚 (集英社新書)っていいよ!って意見が結構多いんです。

でも、何も反応が無いような作品より、こんな風に様々な意見があること自体がこの作品の力なんじゃないかな?と私は思ったりするんです。

情報としては一読に値する
私自身、欧米の女性を妻に持つ国際結婚組だが、本書の中に”本当の意味での賢い結婚とは、離婚に関する情報を知って初めて成立する”とある。果たして本当にそうであろうか?私はそうは思わない。それでは、いつでも結婚解消の扉が開かれていて、そこに逃げ込む用意は出来ているのだと相手に、また自分に、ほのめかしていることになる。

本書の筆者自身、離婚経験があり、この種の事情に通じているため、こういう事を書くのであろうが、これはあくまでこの人の主観であり、世の中には違う考え方で幸せをつかんでいる人もまた大勢いる事にも、留意して欲しい。

しかし、安易な国際結婚、それに伴うであろう悲劇を回避させる目的で本書が書かれたのは明白であり、単なる憧れや、見栄で国際結婚を考えている人は、一読するとよいだろう。

国際結婚の真実を知る本
日本での国際結婚って、日本人の夫と外国人の妻の組み合わせだと、
冷ややかな目で見られ、逆の組み合わせだと、美談で語られることが多い。「国境を越えた愛」だの。

そんな、美談で語られがちな日本女性の結婚の裏の面を、この本にて知ることができた。

しかし、賛同できない部分もある。著者は、国際結婚の破綻は、全て男性側の落ち度によるとでも、言いたげなのだ。夫には夫の言い分があるだろう。

国際結婚のリスクを考えさせられる
結婚観、法体系とその利用(裁判など)、周囲との付き合い方、生活空間などが異なる国に属する2人が結婚する時に負うリスクについて、理解が深まる本。
国際離婚に至るまで、またその過程での困難と対処、当事者たちの気持ちが具体例を通じてわかり易く伝えられ、著者の目から整理されている。自立した個人として、リスクをどう受け止め、どう備えるかという実践的なヒントも参考になる。
一方で日本社会に流通する結婚観がこうしたリスクとどう結びついているのかについても考えさせられる。「結婚ってこういうものだろう」という自分には当然だった結婚観が、自分の結婚の置かれた状況や相手への理解を妨げたり、結婚において困難に面した人を孤立化させてしまったり。読みやすく、また読み物としての面白さも確保されているので、国際カップルのみならず、広い読者におすすめできる。

国際離婚 (集英社新書)の詳細を見る

 <  前の記事 AERA with Kids English (アエラウィズキッズ・イングリッシュ) 英語キッズの育て方 2007年 3/15号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 今日から1年以内にベスト・パートナーと結婚する13の方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1466

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。