Top >  結婚式関連読本 >  午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトーク

午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトーク

午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトーク
竹内 佐千子
午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトーク
定価: ¥ 1,029
販売価格: ¥ 1,029
人気ランキング: 11310位
おすすめ度:
発売日: 2007-11-28
発売元: 情報センター出版局
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークの詳細を見る

先日午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークという本に出会いました。午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークはちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークを読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークを読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークは、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークは読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークはとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークは良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

あけすけで可愛いエロトーク
明るいトーンで繰り広げられるエロトークはなかなかに軽やかです。
お友達とそういうあけっぴろげな会話をしたいのにできない人や
どうしてもっと率直に話せないのかなと思っている人に向いてると思います。

ただ、作中、まんが的には面白いのかもしれないですが、おしゃれなティールームで
人前でエロトークをしちゃうような発展的な部分が誇張されていて
前作からの流れで読んだ場合、ちょっとだけ違和感を覚える人もいるかも。
解放することと常識が減ることはイコールではないと思うんですよ。

とはいえ表現も内容ほどにどぎつくなく、絵柄や動きがやはり可愛い。
自分を圧迫せずに色々チャレンジしてみる様子は楽しく読めました。

かなり笑えるシモネタ
本屋でちらっと立ち読みして、即購入しました。
女の子どうしのシモネタをこんなに明るく楽しく描いている本は
ちょっと他にはないと思う。イラストがほんわかしていて可愛いから全然
生々しくないし、登場人物一人ひとりのキャラが濃くて笑えます。

恐らく私のような女子向けの本なんだろうけれど、男の子が読んでも面白い
のでは(むしろ男子にこそ読んでほしい)。サチコの「レズビアン眼」が
かなり斬新なので、男女問わずシモネタ好きな人はハマるはず。
ただ、シモネタが嫌いな人には完全アウトな本なので、すすめる相手を
間違えないように…。


あと、個人的に表紙のデザインがツボでした。ぱっと見は可愛いのに
(帯の文句はちょっとアレだけど)、よく見ると……。

午後のハレンチティータイム―男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトークの詳細を見る

 <  前の記事 結婚後の恋愛 (幻冬舎アウトロー文庫)  |  トップページ  |  次の記事 輝く女性の生き方100  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1457

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。