Top >  結婚式関連読本 >  ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)

ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)

ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)
中村 佐恵美
ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)
定価: ¥ 590
販売価格:
人気ランキング: 265525位
おすすめ度:
発売日: 2001-02
発売元: 文藝春秋
発送可能時期:
ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)の詳細を見る

ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)のことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)が「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)は、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)は、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)は、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)はこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

影響を与えられた本
「一度くらい自分に正直になる時があってもいいんじゃないか?」
そう思い立ってハリウッドへ旅立っていった著者、中村佐恵美さん。
ハリウッド女優じゃなくても、なんでも、本当に自分のやりたい事を自分に聞いて、やってみる。行動力と意思がとてもいる事だと思います。
自分の隣にいる人のようで、なにか違う。そんな印象を受けました。
それは彼女が周囲の外圧から悩むのではなくて、自分と向き合った末の悩みを抱えているからなんだろうな、と思った。
自分で自分のやりたい事を聞いた人だからこそ、悩める悩みなんだろうと思いました。正直、自分のことを考えずにはいられません。

こんな人がいるってだけで勇気づけられる
ハリウッドで女優になるなんて日本人じゃ無理だと思い込んでいました。そうじゃないんですね。でも、英語も満足にしゃべれないうちからアメリカに飛び込んでいけるなんてすごいことだと思う。それに比べて自分の日々の臆病さが恥ずかしい。単に自分の努力や楽しいことだけではなく、いろいろな問題や苦労についてもはっきりと書いてあることが、この本と著者をさらに魅力的に見せています。読む価値はある!

夢を追うって・・・
ハリウッド女優といっても、ピンからキリまである。
私はこの本から夢を追うことの素晴らしさと、その代価の大きさを知った。
女優になる道筋はこの本に書かれてあるとおり。その手続き自体は難しいことではない。ただし、その道を歩むことは決して簡単ではない。何よりもよい仕事をつかむ「運」の問題。言葉の問題、生活習慣の問題、その他に外国に住むがゆえの孤独の問題。
夢を追うことはなんと痛みを伴うものだろう。
それら全ての問題を見据えた上で、安定を捨てこの道を選んで悔いがないと述べる著者。
これからもがんばって、今よりもっとメジャーになられることを祈っている。

ハリウッド女優になったOL奮闘記 (文春文庫PLUS)の詳細を見る

 <  前の記事 上流な私? 下流な私? いまどきの女性のココロと生活  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1512

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。