Top >  結婚式関連読本 >  Love Bitch!

Love Bitch!

Love Bitch!
シェリー・アーゴフ
Love Bitch!
定価: ¥ 1,575
販売価格:
人気ランキング: 18791位
おすすめ度:
発売日: 2002-10-19
発売元: コンシャス プレス
発送可能時期:
Love Bitch!の詳細を見る

ふぁ~。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「Love Bitch!」。

最初はとっつきにくいかな~~と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

シェリー・アーゴフの本はLove Bitch!意外にも色々あるけど、私はLove Bitch!が一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

失った自信の再構築を
なぜ今まで、無駄モテが多かったのか疑問で仕方なかったのが、この本を読んでようやく解決しました。
好きな人の前ではおとなしくなるのに、そうでない人の前では自分を全開に出していた。そのせいだったなんて。
そういう人たちには、私が自覚してる「自分の良さ」がはっきり見えている。そして、それが絶大な魅力になっている。
しかし、好きな人には、そんな「自分の良さ」がわからない。 のではなく、実は無意識に自分で隠していたという事実。
そうか。 私は、私でいいんだな。 自信もって行こう。
でも、我が道を行くという点において、「自信のある女=ビッチ」と「自己中な女」の紙一重の違いが指摘されていたので、ここはしっかり肝に銘じておかないと行けないなと思いました。
文化的背景が日米で違うので、今回は☆4つです。 日本版がでたらいいのにな?。

恋愛ハウツー本というか
内容的には恋愛メインなんだけど、大人の女性として輝いているためには!!って考えさせられる内容に感じた。
輝いてる女性=自分に自信を持ってるって事なんだけど。
もちろん輝いてる女性の方がもてるしね。
理解のある女と都合がいい女の行動の違いなど、大人になって聞き入れ体制抜群で本音を押さえてた自分にとってはいい本でした(^-^)

もっと早く出会いたかった本
タイトルは大げさかもしれないけど、内容はとんでもなくためになる。
あ?もっと早くにこの本に出会ってればいくつもの恋愛時の失敗を避けられたのかと思ったし、うわっこのセリフ言っちゃったよな、そういえば。。。なんて自分がつくづく“too much nice girl" だった事を思い知らされた。 
この本が、教えてくれるのは、<恋愛中でもクールさを保つ事><男に依存しすぎない事><ママになって男の興味を失わせない事>などなど、恋愛中はついつい無意識に彼に尽くしすぎてしまう悪い癖を改めて、いかに男に追わせる女=Bitchをキープするかが盛りだくさん。女友達に愚痴を漏らすより、この本で勉強したほうが早かったと思う。
英語は上級。でも、難しい書き方はしてないので初心者でも辞書を引きながら読めるはず。



Love Bitch!の詳細を見る

 <  前の記事 恋するからだ―恋愛上手になる100のレシピ  |  トップページ  |  次の記事 edu (エデュー) 2008年 03月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1548

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。