Top >  結婚式関連読本 >  刑事マガジン V (タツミムック)

刑事マガジン V (タツミムック)

刑事マガジン V (タツミムック)

刑事マガジン V (タツミムック)
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 1766位
おすすめ度:
発売日: 2007-10-12
発売元: 辰巳出版
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
刑事マガジン V (タツミムック)の詳細を見る

先日刑事マガジン V (タツミムック)という本に出会いました。刑事マガジン V (タツミムック)はちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この刑事マガジン V (タツミムック)を読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも刑事マガジン V (タツミムック)を読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

刑事マガジン V (タツミムック)は、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、刑事マガジン V (タツミムック)は読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから刑事マガジン V (タツミムック)はとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。刑事マガジン V (タツミムック)は良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

祝!!『相棒』映画化+『大都会』CS初放送記念
 今号で5号目となるが、今回も『相棒』映画化記念や現在放映中の『season6』を基に水谷豊&寺脇康文両氏を筆頭に各レギュラー陣やスタッフのインタビューや撮影秘話が満載である。
 本書自身『相棒』に関しては創刊号から毎号特集を組んでおり、毎回愛読している私も本書から『相棒』を知るきっかけとなり、今シーズンから毎週見続け始めた次第である。1話1話の物語が丁寧で緻密に作られており、『踊る大走査線』のようなテンポや派手さはないが、ボディブローのようにじわじわと効いてくるのが『相棒』の面白さであり、だからこそ人気が徐々に拡大し、誕生から7年目にして見事映画化に至ったのだと思う。その意味でも本書が『相棒』人気の火付け役を果たした役割は大きいと思う。
 他にも『相棒』と同じく、毎号特集を組まれている『ケータイ刑事』や仲間由紀恵&泉ピン子主演のTBSドラマ『ジョシデカ!』(10?12月放映)も紹介されている。

 個人的には毎回楽しみにしている『THE刑事ACTORS FILE』のコーナーで今回は加納竜氏が取り上げられており、映画『愛と誠・完結編』 の主人公・太賀誠役に大抜擢された撮影秘話や『刑事犬カール』での共演カールの裏話、『鉄道公安官』での亡き名優(6/1逝去)石立鉄男氏との思い出、『西部警察』で桐生一馬=“リュウ”刑事を演じ、撮影での数々の危険なアクションの苦労話に興味を惹かれました。

 今秋からCS日テレプラスで放映される伝説の刑事ドラマ『大都会』が紹介されていましたが、できれば次号では『大都会』の総特集を組み、黒岩刑事(クロ)役の渡哲也氏、大内刑事(坊主)役の小野武彦氏、牧野刑事(ジロー)役の寺尾聰氏、上条刑事(サル)役の峰竜太氏、虎田刑事(トラ)役の星正人氏、宮本刑事(弁慶)役の刈谷俊介氏、神刑事(ジン)役の神田正輝氏のインタビューもぜひお願いします。“バカ長”を熱演した加川課長役の高城淳一氏のインタビューも…。

刑事マガジン V (タツミムック)の詳細を見る

 <  前の記事 チャンスが訪れる女性の50の習慣  |  トップページ  |  次の記事 それでも僕らは生きていく―離婚・親の愛を失った25年間の軌跡  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1470

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。