Top >  結婚式関連読本 >  「大人の女」のマナー (PHP文庫)

「大人の女」のマナー (PHP文庫)

「大人の女」のマナー (PHP文庫)
中谷 彰宏
「大人の女」のマナー (PHP文庫)
定価: ¥ 460
販売価格: ¥ 460
人気ランキング: 193844位
おすすめ度:
発売日: 2001-12
発売元: PHP研究所
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
「大人の女」のマナー (PHP文庫)の詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2~3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「「大人の女」のマナー (PHP文庫)」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「「大人の女」のマナー (PHP文庫)」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「「大人の女」のマナー (PHP文庫)」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

いろいろ教わる事の多い一冊
 思惑と相手に対する配慮と遠慮が交錯する様な場面(人におごられる、初めて美容室に行く、ーーー)において、考え方の基本を明言する本。本当の「思いやり」はどうあるべきか、なかなか納得のいく示唆と説明は少ないように思う。この本を読んでなるほどと思うところは多かった。

マナーとは・・・
マナーとは美しさの表れでありコミュニケーションの手段のひとつであることを教えてくれる1冊です。“初めての美容院でのマナー”“リゾートホテルのマナー”といった通常のマナー本では触れられないことも書かれており、「もてなされる客側がもつべき主人・店主への思いやりとは何か」を考えさせられました。

さすがの中谷流いい女の処方箋
中谷さんの本は各章が明確なテーマにそって小気味よくまとまっていてとにかく読みやすい!
ひとつひとつ読み進むうちに元気が出ていい女にクラスアップしてゆくような気分にさせられるのも素敵。
この本を読んでから、にわか雨の間に合わせにビニール傘を買うことをやめました。
それだけで少しエレガントな女になった気がするから不思議です。
この本にはその他に、今すぐ即実践できるtipsがいっぱい。
デート中の携帯電話、おごられるマナーなど大人の女性なら知っておきたいものばかり。
具体例の最後に一番シンプルで簡単に自分を変える方法として
『目標を持つこと』と中谷さんは締めくくります。
-「目標が変わることで、ふだんの生活の一歩一歩、すべてが変わる」
本当にその通りですよね。

「大人の女」のマナー (PHP文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 年収200万円時代 賢い女の「満足生活」  |  トップページ  |  次の記事 パートナーシップ・生活と制度―結婚、事実婚、同性婚 (プロブレムQ&A)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1590

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。