Top >  結婚式関連読本 >  プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]
定価: ¥ 680
販売価格:
人気ランキング:
おすすめ度:
発売日: 2006-10-18
発売元: プレジデント社
発送可能時期:
プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]の詳細を見る

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないのでプレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]のような本が合うのではないでしょうか?

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]を私はオススメします。あなたの生活にプレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

頭のいい子の勉強部屋
普段この雑誌には、小学校高学年くらいのお子さんの家族が出ることが多いけど。
今回は、高校生、中学3年生など、大きなお子さんの登場が多かった。
本人自身のコメントなども、それぞれご立派。
一番、見たかった勉強部屋。
タイトルにでかでか出すくらいなら、もっと大きな紙面と写真で紹介してくれてもいいんじゃないかな。個人情報やら、プライバシーやらわかりますけど。それなら、顔や名前を隠して、ほしい情報の方をたくさん提供してほしい。別に、顔や名前を知りたいなんて、誰も思いませんから。
これなら、ただの自慢大会じゃないの。
数学オリンピック、ディベート、発明など、それぞれ特色があるなら、それなりに、詳しく、毎日どんな勉強してたとか、参考にした資料や本、どこの塾がよかった、などデータが知りたいのに。
昔から、車が好きでー、とか、なんでも好奇心があってーとかは、どうでもいい話。

お買得=偏差値60以下で東大・医学部・早慶に行ける
 お買得=偏差値60以下で東大・医学部・早慶に行けるということなんですかね。相変わらず分かりやすい序列である意味で見るものに安心感を与える企画です。もう一つの「東大・京大」に入りやすい都道府県ランキングに至っては引越しをしろという意味かと一瞬目を疑ったものでした(中身はランキングの高い県の理由を探るという意味では、もう少し深いですが)。
 そして庶民対策としての「近所の公立校の学校力診断」。どうも編集部に迷いが見られるような気がします。

 そして今回の”好評”「覗き見」企画は「頭のいい子の勉強部屋」。色々な頭の良い子を集めてきた点は拍手喝采。

 さて次回はどんな話題がと、既に今回の号を読み終えてしまうと、何故か楽しみになっている自分がいます。

東大と京大を同列に扱ってしまう、愚かさ。
興味深いテーマもあるのだが、トップ記事があまりにも出来が悪いので今号は星2つ。

東大京大に受かりやすい都道府県は西高東低と説いた同記事だが、西の方が教育熱心という記述内容は全く的外れ。
京大を東大と同じレベルの大学と考えているのは関西圏の人の話でしょう。
東京の人間は京大なんて早慶以下くらいにしか思ってませんよ。東大行けなかったら早慶に行きますから。要は、関東、特に東京の人間は京大はあまり受験しないんですよ。進振がないから京大受験をする人はいるけど少数。

そうした根本的なことがライターの取材不足で書かれていて、残念でした。

京大足すなら、早慶足すとか、東工、一橋、医科歯科、東外大でも足したらどうだろ?

プレジデント Family (ファミリー) 2006年 12月号 [雑誌]の詳細を見る

 <  前の記事 ゼクシィ 青森・秋田・岩手版 2008年 06月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 お金のいらない国 (2)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1652

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。