Top >  結婚式関連読本 >  結婚力―30代でかなえるハッピーウエディング

結婚力―30代でかなえるハッピーウエディング

結婚力―30代でかなえるハッピーウエディング
岩月 謙司
結婚力―30代でかなえるハッピーウエディング
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 103928位
おすすめ度:
発売日: 2004-09
発売元: マキノ出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングの詳細を見る

結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングを読んでみた。う~むと納得しきりである。

なんといっても、著者岩月 謙司の意欲が読み取れるから、ついつい読んでいってしまう。

ぐいぐい結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングに引っ張られているという感じか?結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングに類する本は、あんまり多く読んだことがないから比較はできないけれど、これらに類する本の中ではかなり高評価を得るんじゃなだろうか?

やっぱり著者が意欲を持って書くと、いいものが出来上がる。

結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングは評価が分かれるんじゃないだろうか?読後にそんなことを思った。著者の岩月 謙司はそんなことはちっとも気にしていないんじゃないかと思うけれど。

結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングを読んだ友人にも聞いた見たのだが、一人は「いい」と言ったが、別なひとりは「そうかな?」と首をかしげた。

試しにまた別な友人にも結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングを貸してみようと思う。

さて、どんな評価が下されるか?あまり、褒められた事ではないけれど、本には読書以外の愉しみ方があるのだ。

自己分析して結婚をまじめに考える本
この本は軽くないし真面目に読んでいい本だと思います。
心理学が土台にあるし、納得という部分が沢山ありました。

結婚したいのにできないっていう人は読んでいいと思います。
やはり自分を分析したり、振り返ると、分かることって沢山あるから。
私は、これでよかったんだということも、直さなくちゃいけないこともあり、沢山気づいた。

分析した後は、いいところは伸ばし、悪いところは直せばいいっていう簡単なこと。
それを結婚という軸の上で、具体的に考えられたから、大満足です。

反省もしたけれど、自分を愛して仲良くやっていこうという前向きな気持ちになれた本でした。

結婚の為じゃなくても・・・
私の場合「結婚」の為ではなく、「恋愛成就」を目指してこの本を買いました。
片思いの苦しさを何とかしたくて、少しでも恋を進展させるきっかけになればと、この手の本を片っ端から本屋で立ち読みしたのです。
「恋愛本」の類は、だいたい誰が読んでもわかりやすいように書いてあって、中には、あまりにくだけた文章ゆえに内容の信憑性まで疑ってしまうものもありますが、この本は違うと思います。
「ファザコン娘」と「マザコン男」の部分はショッキングな内容で、読んでいて気分の良いものではありませんでしたが、でも、人間の性格や資質を見極めるには、その生い立ちから遡っていかねばならないのは、確かに筋が通っているし、また、その通りだと思います。
私自身がとても参考になったのは、「男性は応援団を欲している」という部分でした。
男性が何を考えているのか、よくわからなくてとても悩んでいたのですが、目からウロコが落ちたような気がします。
また、30代でかなえるハッピーウェディング・・・という副題がついていますが、別に、30代以下の人が読んでもとても参考になると思います。
結婚だけじゃなくて、恋愛に悩んでいる人にもとても効果があると思います。

トラウマがある人は読まない方がいい
著者は心理学者であります。だからこそ、30代の未婚女性について、その未婚原因の分析を細かくしていますし、それは当たっていると思います。ただ本の内容が分析8、アドバイス2ぐらいの割合なのは残念。「こういうことをしてしまう人は、こういうことがあったからだ」という指摘を受けても、「そうなのか」で終わってしまう。「では、どうしたらいいのか」を知りたいのではないでしょうか。
「幼児期に多い父親のセクハラ」の箇所に至っては、読んでいてドキッとしました。読んでいて気分のいい話ではないし、しかも「世間で話題にならないのは、当の娘に記憶がない」「2歳とか3歳の頃に行っていることが多い」「記憶に残りそうな年齢に達すると、セクハラをやめてしまう」……犯罪白書を読んでいるわけじゃないし、まさかこんな文章が出て来るとは思わなかった。しかもそのセクハラの内容は、セクハラというより性犯罪です。「マザコン男は娘にセクハラしやすい」という一言だけは参考になりました。マザコン男とは絶対結婚しません。
何にせよ、実際何らかのトラウマがある人は、この本を読むとそれを思い出すでしょう。トラウマがある人は読まない方がいいです。
勿論この本に全くアドバイスが載っていない訳ではありません。本書の第7章、第8章の部分が結婚力を高めるためのアドバイスになっています。が、第7章は、実際に男性と付き合っている上でのアドバイスであり、元々彼氏がいない人は、彼氏が出来てから役に立てるという感じですか。
自分の本音は見つめるべきだと思いますよ。ただ、そのために、思い出したくもないことを思い出す必要はあるのでしょうか。

結婚力―30代でかなえるハッピーウエディングの詳細を見る

 <  前の記事 「大人の恋」をたしなむマナー  |  トップページ  |  次の記事 My Lovers Book (ラセ)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1460

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。