Top >  結婚式関連 >  結婚式のウェディングケーキ

結婚式のウェディングケーキ

むかしから披露宴といえば、ウェディングケーキの入刀は欠かせない演出でした。
少し前までは本物のケーキではなく、プラスチック製のケーキにクリームなどを塗りつけてフルーツをのせただけのケーキにそっくりのものをケーキに見立ててケーキ入刀をしていましたが、このごろでは本物の生ケーキを使うことが多いそうです。
ここで、ウェディングケーキによる結婚式の披露宴を演出する方法をご紹介しましょう。
まず、大事なのは本物のケーキですので、なるべく無駄が出ないように、ゲストにお配りすることです。
そのため、ケーキ入刀後は、切り分けて新郎新婦をはじめ、ゲストのみなさんに召し上がっていただくことが肝心です。
しかし、それだけではおもしろみがないので、均等に切り分けたケーキのうちの数個にアメ玉などを入れ、くじ引きのようにケーキを召し上がってからは、アメ玉が入っているのかどうかを確かめます。
アメ玉が出た人には賞品などをお送りすると喜ばれることでしょう。

 <  前の記事 インタビュー形式のスピーチとは  |  トップページ  |  次の記事 ウェディングケーキのサプライズ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1728

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。