Top >  結婚式関連 >  結婚式のスピーチとは

結婚式のスピーチとは

結婚式といえば、もっとも感動的な場面はご両親に対するお手紙などを読み上げるときだといっても過言ではありません。
もちろん、ケーキの入刀なども感動的ですが、ご両親に対する言葉はもっとも心に響く感動的な瞬間なのではないでしょうか。
一般的には嫁いでゆく花嫁がご両親に対して感謝の気持ちを込めてお手紙を送ります。
このご両親に対するお手紙は内容的に何でもジーンとさせられるのですが、特に心に残るお手紙の書き方というのは何でしょうか。
恐らく子どもの頃の思い出話なのではないでしょうか。
子どものころのご両親との関わり方や、いっしょにおでかけした場所でのエピソードなど、できるだけ具体的に出来事の詳細を書くとゲストにも理解しやすく共感していただけるのではないでしょうか。
また、ゲストの共感を呼ぶことで、みなさんも知らない間に感情移入して、会場全体が同じ空気に包まれることになるでしょう。
たとえば、新婦がこのように述べたとします。
「母はパッチワークなどが得意で、子どものころから、いつも母の手作りのものを作ってもらって、その手作りのぬくもりは心地よく、いつか自分が母親になってもそのぬくもりを伝えていきたいです。」あるいは、「母はいつも手編みのマフラーやセーターを作ってくれるのですが、なぜか恥ずかしく思い、照れて今までに一度も身に付けたことがありませんでした。
本当はマフラーもセーターも、もらってとてもうれしかったです。
いままでそれがうまく言えなくって、ごめんなさい。」などと具体的に書くと気持ちが伝わりやすく、みなさんにもその感動が伝わることでしょう。

 <  前の記事 ドラジェサービスとは  |  トップページ  |  次の記事 両親への花束  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1720

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。