Top >  結婚式関連 >  ゲストの紹介は席次表で

ゲストの紹介は席次表で

ゲストの席次表に出席するゲストの敬称や肩書きなどの簡単な紹介文を書き加えていくという方法は、一人ひとりを紹介するのは大変ですが、席次表に書かれてあればわかりやすいですし、記念にもなりますね。
たとえば、親戚のおばの場合は、「お料理が上手で、子どもの頃から田舎に行くのに、おばの手料理が楽しみでした。」の一言を加えるなど、誰がみてもわかりやすく、親しみのある一言があるとよいでしょう。
あるいは、結婚式の席次表と一言を加えたうえ、スペースがある場合などは、ついでに思いでの写真なども載せるとさらに楽しいでしょう。
いつもならば「新郎の友人代表」などというフォーマルな敬称を少し変化させて、「ふたりの愛のキューピット」などと砕けた言い方
で書き加えると、ゲストにとっても新郎新婦の人柄が伝わり、より一層楽しい結婚式の披露宴になることでしょう。
最近は、お席札の裏にこのような一言のメッセージを書き加えるのが主流のようです。
確かにゲストひとりひとりのことを思い浮かべながらメッセージを書くのは大変な手間がかかりますが、実際に書いてもらったゲストとしては読んで楽しいうえ、うれしいものです。
コンピューターが普及したいまでは、手書きの手紙さえも書くチャンスがなかなかないなかで、手作りの結婚式で手書きのメッセージを添えることはとても楽しい作業であり、ゲストにも喜んでいただけます。

 <  前の記事 席次表を使ってのアイディア  |  トップページ  |  次の記事 和装中心の結婚式とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1715

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。