Top >  結婚式関連 >  お水あわせの儀とは

お水あわせの儀とは

新郎新婦が育った互いの家から、普段からいつも使っているお水を汲みとり、それをひとつのお水にして、新郎新婦が飲むという儀式のことを「お水あわせの儀」というのだそうです。
とても神秘的ですが、日本では古くからお水を用いた神秘的な儀式がたくさんあり、このごろの和風ブームでこの「お水合わせの儀」がふたたび復活して、ブーム再燃となったわけです。
和の演出をお考えの方はぜひともこのミステリアスな儀式を行ってはいかがでしょうか。
会場の和の演出が終わりますと次は引き出物の演出に入ります。
引き出物を和風のものにしたい場合、日本独有のかわいらしい透き通るような色合いをもつ金平糖などがなつかしさと同時に新鮮さをゲストに与えて、和の演出には効果的な引き出物ではないではないでしょうか。
この純和風の金平糖を純和風の手作り巾着に入れてゲストにお渡ししますと喜ばれることでしょう。
そして、夏にはかき氷などをゲストに振舞ったり、うちわや手ぬぐいなどをお配りしますと、和の演出と同時に実用的で納涼にもなり、とても喜ばれるのではないでしょうか。
和の演出の一環としてテーブルクロスやお箸やお箸置きなど、和風に徹したテーブルセットにしますと、会場の雰囲気全体ががらり和の雰囲気になり、とてもおしゃれな和の演出になるに違いありません。
さらに、和風の優雅でかわいらしいテーブルセットのお持ち帰りもできればゲストにも喜んでいただけることでしょう。

 <  前の記事 和の結婚式  |  トップページ  |  次の記事 冬の結婚式とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1697

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。