Top >  結婚式の演出とは >  ブートニアの由来とは

ブートニアの由来とは

新郎新婦がふたりで、知恵を出し合い、少しずつ理想のプランを企画できるように世界のたったひとつの挙式になるよう、演出にプラスアルファーをした挙式にしてみるとよいでしょう。
たとえば、結婚式といえば、かならずといってよいほどブーケを連想しますが、なぜ花嫁がブーケを持つのかといいますと、そもそもはむかし、欧米で男性が生涯変わらぬ愛を誓うために、摘んで花を花束にして女性にプロポーズをしていたことからはじまった慣わしです。
その男性のプロポーズを承諾したという意味で、女性は花束のなかから一輪の花を取り出して男性の胸ポケットに挿すのです。
ブーケを後ろ向きに投げるありきたりの演出よりも、古くから伝わるこのようなブーケにまつわる演出を結婚式に取り入れてみても楽しいのではないでしょうか。
新郎の胸ポケットに一輪の花を挿してから、従来の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。
あるいは、あらかじめ数人のゲストに花を渡し、新郎が入場したときにその花を渡して入場していただき、それに続いて新婦が入場して、新郎がその集めた花束を新婦に渡すというアイデアもよいのではないでしょうか。
そこから、また古い慣わしにしたがって、新婦が花束を一輪出して、新郎の胸ポケットに挿すというのは、かなりのサプライズでありながら、素敵な演出だと思います。
そして、司会の方にもこの古いブートニアの由来について、会場にいる方々に説明していただくと、より素敵な結婚式になるのではないでしょうか。

 <  前の記事 人前式とは  |  トップページ  |  次の記事 ドラジェとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1691

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。