Top >  結婚式の演出とは >  和装の結婚式

和装の結婚式

たとえば、和装の場合、新郎新婦のバックで花火を上げたり、雪や桜吹雪などの日本風の演出をしながら新婦が番傘を片手に登場すると会場も盛り上がることでしょう。
番傘をもって歩く新婦の姿は、とても華やかで色彩的にも美しいのできれいな写真も撮れることでしょう。
番傘を途中で開いて、新郎新婦のおふたりが相合傘をするとさらに雰囲気があってよいでしょう。
また、純和風になりますと、どうしても厳かなムードになりがちですので、ぜひキュートな演出もしたいという方には、相合傘がぴったりの演出ですし、相合傘をさしながら新郎新婦はテーブルを一つずつまわり、あいさつを交わしながら、ゲストのみなさんに近くで振袖を見ていただくと同時に巾着に入れた和菓子などをお配りすると喜ばれることでしょう。
また、和装の場合ですと、キャンドルサービスの代わりに鏡開きに挑戦してみても楽しいのではないでしょうか。
鏡開きをする際に、それぞれのテーブルにも鏡開きのグッズを置き、ゲスト全員にも鏡開きをいっしょにしていただくと一層楽しいものになるでしょう。
また、鏡開きのあとは、キャンドルサービスのようにテーブルをまわりながら、和菓子などをお配りすると喜ばれることでしょう。

 <  前の記事 和装中心の結婚式とは  |  トップページ  |  次の記事 結婚式のキャンドルサービス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1717

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。