Top >  結婚式の演出とは >  和装中心の結婚式とは

和装中心の結婚式とは

チャペルで結婚式をあげた場合は、ウェディングドレスが定番ですが、神社で神前式をあげる場合は、披露宴で和装の演出をしたいものです。
伝統的な新婦の装いをして、お色直しで白引きの振袖を着られると雰囲気があってよい見てる側にとってもよい思い出になるのではないでしょうか。
和装を中心にした披露宴のなかでもいろいろな演出が楽しめますので、これから披露宴の和装の演出について説明をしましょう。
もちろん、和装ですので、衣装にもいろいろな工夫ができますが、そのほかでも音楽などで工夫することができます。
たとえば、お琴などの和楽器による生演奏がありますと和のムードが漂います。
その和風のリズムに乗せられて新郎新婦が入場すると新鮮さがあって楽しいものですので、親族や知人のなかでお琴などの和楽器に長けている方がいましたらぜひお願いして生演奏をしていただくとよいでしょう。
また、音楽のほかに、小さな小物も演出には効果的であるといえます。

 <  前の記事 ゲストの紹介は席次表で  |  トップページ  |  次の記事 和装の結婚式  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/1716

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「結婚式の演出 ~心に残る結婚式をあげよう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。